【注意!】ローンが残っている車を売って損しかけた話。

  • 故障が増えてきたから買い替えたい
  • ローンの支払いが厳しいので処分したい
  • 転勤などで車が必要なくなった
  • 今の車に飽きたから別の車が欲しい

など車を処分する理由は様々ですが、困るのはローンがまだ残っている車の処分方法ですよね。

残債が残っていると車は売れないとか、次の車のローンに上乗せされて大損することになるなどの話も聞きますが、実際どうなのでしょうか。

残債がある車は売れるのか?

結論としては売れます。

ただ注意点として、車検証の所有者欄の名前が以下のどちらになっているかで対応が変わります。

  • 自分の名前・・・そのまま売れる
  • 信販会社の名前・・・信販会社の許可が必要(

所有者欄が信販会社の名前の場合は、自分の判断で車を売ることはできませんので、まず電話で連絡をして車を売りたい旨を伝える必要があります。

最近では、車を売却する前にあらかじめ伝えておくと、信販会社に連絡を取って売却手続きを進めてくれるというローン完済サービスを提供している買取業者も多くあります。

そのため、まず買取業者に相談をして完済サービスがあるか確認してみることをおすすめします。

)基本的に信販会社でローンを組むと、車に所有権がつけられるため所有者の欄が信販会社の名前になります。こうすることで万が一、支払不能に陥った場合に車を担保として引き上げることができるからです。

車の売却で失敗しないために

残債がある車でも売れるということはわかりましたが、最も注意しなければならないことがあります。

それは、今乗っている車を売ったお金で残債を全て返せるのかということです。

例えば、残債が50万円で車の売却金額が50万円だった場合は全額返済可能ですが、売却金額が30万円だった場合は当然、20万円の残債は自分の手持ちから支払わなければなりません。

ですので、車の売却金額が残債に届かなかった場合の対応も考えておく必要があります。

車の売却金額が残債に届かなかった場合

対応方法として2通りあります。

  • 買取業者のローンを契約する
  • 貯金から支払う

買取業者のローンを契約するというのは先ほどの例の、20万円の残債を新たに買取業者のローンを組んで支払うということです。

そうすれば新たに20万円のローンを抱えることにはなりますが、車を処分することができます。

ローンの支払いが苦しいため車を売りたいという方には、車を売った分、残債と毎月の支払額も減らせるため良い方法といえます。

また貯金から支払える人でも、いざという時に使えるお金がなくなってしまうのが不安、という方はあえてローンを組むという選択もあります。

車を高く売る

車を売るなら、残債を全て返済できる金額以上で売れるように、業者選びには注意しなければいけません。

ディーラーの下取りなどでは高く売ることはできないため、買取業者に売るようにしましょう。

しかしその場合も近所の買取業者に持っていけばいいわけではなく、一括査定を利用しましょう。

一括査定サイトから複数の業者にまとめて査定依頼することで、価格の競争が起きるため高い買取金額がつきやすくなるためおすすめです。ぜひ試してみてください。

私の場合は、近所の業者に査定を依頼して20万円と言われた車が、一括査定を受けたところ45万円の価格をつけた業者が現れたため、そこで売りました。

残債は40万円だったので、プラス5万円になって支払いに追われることもなくなったのでホッとしたのを覚えています。

普通に近所の業者に売っていたら25万円も損していたと考えるとぞっとしますよね。

私のような事例もありますので、重ねて言いますが残債をゼロ~プラスにするために必ず高く売れるように努力してください。

ここで手間をかけられるかで借金を負うか負わないかが決まりますよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする