車のローンを二重に組むのは危険!別の方法はある?

なにかの理由があって、今ローンを支払っている車とは別に新しい車を購入したいという場合があります。

その際、新しい車もローンを組んで買う。いわゆる二重ローンになるわけですが、これにはかなりリスクがあります。

この記事では、二重ローンのリスクと、二重ローンにしないための別の方法を解説していきます。

二重ローンのリスク

そもそも審査に通りづらい

二重にローンを組むこと自体は不可能ではありません。

審査に通るか通らないかは、要は支払能力の有無で決まるので、年収や職業、職種、勤続年数などを考慮した結果、審査に通る場合もあります。

ただ、一般的に二重ローンの場合は、審査が非常に厳しくなります。

なぜなら、「ローンを多く組む=計画性がない?」という評価をされることもありますし、単純に「借入金額が年収と比べて多くなりすぎるから」という理由でも落とされますので簡単には通らないということは覚悟しておきましょう。

返済が負担になるうえ、支払利息も増える

当たり前ではありますが、二重ローンを組むということは、2つのローンを毎月支払っていかなければならないということなので、支払いの負担が倍増します。

金利もそれぞれにかかってきますので、無駄な利息を払うことにもなってしまいます。

計算した結果、それでも余裕を持って支払えるというのなら構いませんが、利息まで二重に支払わなければならないと考えると、やはり二重ローンは損をすることになるので、おすすめはできません。

二重ローンを回避する方法

今のローンを一括返済する

一括返済の手段としては、主に

  • 貯金から支払う
  • 今の車を売ったお金を残債に充てる
  • 銀行のオートローンを利用する

があります。

「貯金から支払う」は説明することはありませんので省略して、残りの2つについて説明します。

今の車を売ったお金を残債に充てる

今の車をできるだけ高く売って残債の支払いに充てましょう。

車を高く売るには、ディーラーの下取りや近くの中古車ショップを利用していてはダメです。

複数の業者にまとめて査定を依頼できる、ネットの一括査定サイトを利用しましょう。

今ではどこの車情報サイトや雑誌でも取り上げられるほどメジャーとなっているサービスで、出張査定も無料で行ってくれるので手間もかかりません。

ただ、今乗っている車をディーラーローンで購入した場合は、ほとんどの場合、車の所有者が信販会社になっています。

車検証で車の所有者を確認し、信販会社の名前が書いてあった場合は、自分の判断で勝手に売れないので、まずは信販会社に車を売却する旨を伝えてどう手続きをすればいいか相談しましょう。

銀行のオートローンを利用する

銀行のオートローンなら、今の車のローン金額と新車の金額を合わせた額を借り入れることができます。

例えば

  • 今乗っている車の残債:50万円
  • 新しく購入する車:150万円

だとすると、合わせて200万円を借り入れることができるということです。

ディーラーローンでは、このような借り入れはできないことが多いので、どうしても二重ローンを組む必要があるなら、銀行のオートローンを利用して、今のローンの残債も含めて借り入れできるよう相談してみましょう。

中古車はお店で探さない

中古車を探すとき、雑誌を見たりお店を回ったりするのは手間も時間もかかるし、大変ですよね。

なびくるの中古車お探しサービスは、欲しい車の情報を登録するだけで未公開車を含め良質な車を、中古選びのプロが紹介してくれます。

サービスの利用は無料なので、まずは気軽に申し込みしてみましょう。

車を高く売るなら

車を高く売るには、一括査定サイトを利用するのがセオリーと言われています。

しかし実際は複数の買取業者から電話がかかってきて対応が面倒ですし、それぞれに名前や住所などの個人情報が流れてしまうので不安です。

そこで私が利用したのはユーカーパックという業者で、一括査定サイトと違い1社からしか電話がかかってこないうえ、他の業者に個人情報が流れません。(流れるのは車の査定情報のみ)

さらに、初めに自分の希望する買取価格を提示することができ、それを超えなかったらキャンセル可能な点も安心できました。

私のように、「高く売りたいけど複数の業者から電話がかかってくるのはイヤだ!」「面倒な交渉事はしたくない!」という方は、ユーカーパックに申し込むことをおすすめします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする